資本が少なくても運営できるデイサービス経営術

女性

介護日帰りサービスの利点

食事中のシニア男女

デイサービス経営は、高齢者の方への世話といった第三者へ奉仕する事を意味している側面があるのですが、 それを事業という形で行う状況では、当然利益の問題に終始しなければいけない部分もあります。その点、経営的に安定した要素をもっています。

View Detail

小規模介護サービスの利点

シニア男性と女性

初期投資がかからない

小規模デイサービスの経営の長所は、まず、小さい資本で設立できるということです。 最初に事業所を保有しなければなりませんが、デイサービスには立地はあまり大切ではありません。 周囲に高齢者がいれば、駅前そして大通りなどの一等地であることは不要です。 加えて、小規模デイサービスは、利用者が少ない人数ですので、基準にある食事室や機能訓練室の広さもあまり面積を要しないことから、賃貸料金などをセーブすることが可能です。 供するサービスの中身にも影響されますが、内装工事や設備も最低限にすることで最初の投資を抑えることができます。以上のように、小規模デイサービスをスタートする場合、相対的に小さい資本で立ち上げることができます。 そのため、経営の開始時は小さく開始して、軌道に乗ってから拡大という方向性をお奨めします。

人員が少なくて済みます

通所介護に絶対必要な担当者は、管理者、さらに生活相談員そして、看護職員、また介護職員、それに機能訓練指導員になります。小規模デイサービスにおいては、看護職員そして介護職員は全部で1名でいいので、資格要件を持つ護職員の保持することが求められないのは、コスト的にもアドバンテージとなります。小規模デイサービスの介護に対する報酬は、通常のサービスと比較して、単位が高めになっています。ですから、効果的に売上を上げ収益を確保する点から小規模デイサービスは、メリットがあります。介護事業経営で収益を手に入れるためには利用者の確保は不可欠です。小規模デイサービスの経営は、初期投資を小さくできることから、事業を黒字に持ち込むことに必要な利用者の数が少なくて済むといえます。

福祉施設の運営

女の人とシニア男性

デイサービスを経営する場合は、周囲に高齢者の数が多い地域を選ぶようにしましょう。また自然災害の少ない立地を選択することをオススメします。また高齢者社会において、今後もデイサービスの需要が増えていくと予測されます。そのため、高齢者が趣味や友達作りが容易となるデイサービスを経営する事をオススメします。

View Detail

社会に貢献するために

女性と男の人

少子高齢化が進む日本では、デイサービスの担う役割はとても大きなものになっています。そんなデイサービスの経営のことで悩んでいるのならば気軽に専門業者の支援サービスを利用してみると、スムーズに問題解決することができて便利です。

View Detail

Copyright© 2016 資本が少なくても運営できるデイサービス経営術 All Rights Reserved.